ザオプション

ザオプション(theoption)のペイアウト率!他社と比較して分かったおすすめはここ

ペイアウト率で比べると、ザオプションは優れた業者であることをご存じでしょうか。

バイナリーオプションを始めるときは、ペイアウト率にも注目する必要があります。

それらはそのまま結果、つまり手にする利益の差に直結しますので、投資をする方なら誰もがこだわります。

バイナリーオプションで業者はたくさんあり、ペイアウト率などに大きな差が出ます。
ペイアウト率の面でザオプションは投資家から選ばれています。

そこで、今回はペイアウト率の説明とザオプションのペイアウト率に関して紹介します。

みゆ
ペイアウト率って何ですか?
ペイアウト率でかなり利益に差が出るからしっかり理解しておこう!
なか

ペイアウト率とは?

ペイアウト率とは、エントリーが成功した際の投資金額に対する払戻金額を決定する倍率です。

バイナリーオプションの注文から払戻金額を得るまでの流れを見て詳しく説明します。

注文の際に、投資方法・銘柄・投資時間を決めます。
この組み合わせでペイアウト率が決まります。
そして投資する金額とハイかローを選択して注文となります。

エントリー後、注文する際に決めた投資時間が来た時に、選択した銘柄が勝ちとなる数値だったら払戻金を獲得することができます。

この時の払戻金額が、投資金額に決められたペイアウト率をかけた金額となります。

つまり、ペイアウト率次第で払戻金額が左右され利益に影響がでるのです。

利益はペイアウト率で大きく変わる

上記で説明した通り利益はペイアウト率次第で変わるのですが、どれくらい変わるのでしょうか。
ペイアウト率の差による利益の差を、具体的な数字を出して説明していきます。

投資方法と投資銘柄と取引時間を同じとして、投資金額1万円で100回バイナリーオプションを行います。

片方はペイアウト率180%、もう片方は190%とします。

ペイアウトを比較する条件

  • 投資方法、銘柄、取引時間は同じ
  • 180%と190%のペイアウト率の利益の比較

投資金額1万円でペイアウト率180%の場合勝った時の払戻金額が18,000円、190%の場合勝った時の払戻金額は19,000円です。

100回投資を繰り返し勝率70%だった場合、ペイアウト率180%では払戻金額の総額は126万円、そして利益が26万円です。

対して、ペイアウト率190%では払戻金額の総額は133万円、そして利益が33万円です。

33-26で7万も利益に差がでました。

他の条件は全く同じだったのにも関わらず、ペイアウト率が違うだけで利益額にこれだけの差が出ました。

さらに違う勝率のパターンを見てみましょう。

上記と同じ条件で、100回投資を行い勝率が55%だったとします。

ペイアウト率が180%の場合、払戻金額は99万円で投資金額100万円に届かず損害が発生しました。

パイアウト率190%の場合は、払戻金額が104万5千円で、こちらは利益を獲得することができました。

なんと同じ投資条件と結果だったにもかかわらず、ペイアウト率が違うだけで損害が発生するか利益を獲得するかの明暗が分かれることになりました。

以上から、ペイアウト率はバイナリーオプションで利益を獲得するための大きな差になることがわかります。

業者を選ぶ基準はペイアウト率

バイナリーオプションで利益を獲得するために、ペイアウト率はとても大切ということがお分かりいただけたと思います。

ペイアウト率は、投資方法と投資銘柄と取引時間の組み合わせで変わることを説明しました。

どのように変わるかは、バイナリーオプション業者によって決まっています。
つまり、バイナリーオプション業者によってペイアウト率が変わるのです。

取引方法と銘柄と取引時間は、取引ごとに変更することが可能です。

しかし、バイナリーオプション業者を同じように取引ごとに変更することは難しいです。
ですから、バイナリーオプションを始める際の業者選びは重要なのです。

以降の取引で差がつくので、バイナリーオプション業者のペイアウト率をしっかりと確認することが大切です。

ザオプションのペイアウト率

それでは早速ザオプションのペイアウト率について説明していきます。

ザオプションのペイアウト率最大の特徴は、最大ペイアウト率が200%という点です。

ザオプションは投資方法が4種類ありそれぞれのペイアウト率は下記のようになっています。

取引方法 短期取引 highlow取引 スプレッド短期取引 スプレッドhighlow取引
ペイアウト率 180%~ 180%~ 200% 200%

そのうち、短期取引とHIGHLOW取引は、スプレッド倍率が180%~185%に設定されております。

そして、スプレッド短期取引とスプレッドHIGHLOW取引はスプレッド倍率が200%と設定されています。

200%という数字はバイナリーオプション業者の中ではかなり高く、また勝率50%で損が出ずにすむ重要なラインなのです。

バイナリーオプションという取引は、一言で表すとハイかローの2択を当てる取引です。
ですので、勝率50%で損が出るかどうかの違いはとても大きな差となります。

「ザオプション」はスプレッド倍率200%となる投資方法・銘柄・取引時間の組み合わせが多いです。

組み合わせが多い分だけ選択肢が広がるので、その点も投資家から「ザオプション」が選ばれる理由となっております。

ザオプションと他社とのペイアウト率比較

次に、ザオプションのペイアウト率を、他のバイナリーオプション業者と比較していきたいと思います。

比較対象は、「ザオプション」と同じ海外バイナリーオプション業者です。

比較対象業者

  • ハイローオーストラリア
  • ファイブスターズマーケッツ
  • ゼントレーダー
  • ザバイナリー
  • ジェットオプション
  • トレード200
  • ワールドクリプトバイナリー
  • エフエックスバイナリー
  • バイナリーオプションブレイク

こちらの9社と比較していきます。

そこにザオプションを加えた全10社の中でのザオプションの位置を評価していきたいと思います。

短期取引とHIGHLOW取引のペイアウト率他社との比較

まずは短期取引とHIGHLOW取引のペイアウト率182%~185%という数字についてです。

これは10社のうち2位の数字です。

1ペイアウト率が160%台という業者も複数いる中で、最低ペイアウト率182%という数字は優秀ではないでしょうか。

また、短期取引とHIGHLOW取引で選択できる銘柄と取引時間は10社のうち1位でした。

つまり、多くの選択肢と高いペイアウト倍率が「ザオプション」には用意されているということです。

スプレッド短期取引とスプレッドHIGHLOW取引のペイアウト率他社との比較

続いて、スプレッド短期取引とスプレッドHIGHLOW取引のペイアウト率200%という数字についてです。

これは10社のうち4位でした。

ザオプションよりもスプレッド短期取引とスプレッドHIGHLOW取引のペイアウト率が高かった業者の特徴として、取引方法や取引できる銘柄が少ないという特徴がありました。

ザオプションの特徴として投資方法と銘柄と取引時間の選択肢が多い点があります。

バイナリーオプションの利益は、ペイアウト率×勝率で左右されます。

したがって、ペイアウト率がよかったとしても勝率が悪ければ利益を獲得することはできません。

豊富な選択肢が用意されている「ザオプション」は勝率を上げるためのチャンスもそれだけ多くなります。

ですから、ペイアウト率×勝率という観点から「ザオプション」は最大ペイアウト率が200%を超えている業者よりも投資家から選ばれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ペイアウト率の1点だけでも多様な選択肢がります。

バイナリーオプションでは業者選びで大きな差がつくということがお分かりいただけたと思います。

業者選びで差をつけ、ぜひバイナリーオプションで利益を獲得してください。

-ザオプション
-, ,

Copyright© ザオプションマスター , 2022 All Rights Reserved.